安定収入を目指すなら! セルフエステのフランチャイズ開業ナビ » セルフエステの種類 » セルフフェイシャルエステの
フランチャイズを実施している
企業

セルフフェイシャルエステの
フランチャイズを実施している
企業

セルフエステのフランチャイズは、近年とても注目されているビジネスモデルです。

このページではセルフフェイシャルエステのフランチャイズを行っている企業について紹介していくので、フランチャイズに興味がある方は是非参考にしてください。

MYTHEL

MYTHELの強み

手放しでの経営が可能

オーナーになれば、集客からスタッフ教育、ホームページ作成など様々な業務に携わるのが一般的です。しかしセルフエステの知識がなければ、なかなかスムーズに運営できないこともあるでしょう。MYTHELなら集客やスタッフ教育などの業務はフランチャイズ本部が対応してくれるので、オーナー自らが接客などの業務を行う必要はありません。基本的には手放しで運営できるため、忙しい方も無理なくエステ店のオーナーになれるでしょう。

初期費用を抑えた開業を実現

セルフエステと言っても、エステマシーンをそろえる必要があるため初期費用は高くなりがちです。MYTHELは美容機器の卸業者で、マシーンのレンタル・リリースも行っています。レンタル・リリースにすれば購入費用を大幅に削減できるだけでなく、稼働率の悪いマシーンは別の機種に変更もしやすいのがメリット。万が一マシーンにトラブルが起こったとしても、本部に連絡すれば即日対応してくれるのもうれしいポイントです。

MYTHELの初期費用目安

開業費用 最低500万円~
諸経費とその内訳 470万円
【内訳】
・加盟金:300万円
・開業準備金:30万円
・保証金:10万円
・ホームページ、LP制作料:50万円
・内装、看板、サイン、広告、販促物デザイン:50万円
・ユニフォームその他:30万円
ロイヤリティ 売上の5%

エンリケ

エンリケの強み

圧倒的な集客を実現

エンリケと言えば、経営者がキャバ嬢時代に4日間で2億3千万円もの売上を達成したことで話題となり、多数のメディアで取り上げられています。インスタグラムのフォロワーは50万人以上という知名度の高さを誇っているため、圧倒的な集客を実現しているでしょう。エンリケのフランチャイズに加盟すると、フォロワーに宣伝できるので、数多くの人に店舗のオープンを知らせることが可能。その結果、宣伝広告費用を抑えながら事業展開ができるでしょう。

自由なスタイルの運営方法を実現

セルフエステ店をオープンするためには、物件を探すことから始めるのが一般的です。しかしエンリケなら、家の一室やシェアサロンでも開業できるため、わざわざ物件を契約する必要もありません。また保証金0円、高利益システムを提供しており、オーナーが自由に運営できるスタイルを実現しているのも魅力です。

エンリケの初期費用目安

開業費用 記載なし
諸経費とその内訳 記載なし
ロイヤリティ 記載なし

DIDIA

DIDIAの強み

パートナー提携を実施

DIDIAはフラチャイズではなく、パートナー提携を結んでいます。パートナー提携であれば加盟金や保証金もなく、契約期間などもありません。さらに集客方法だけでなく、出店エリアの選定などもサポートしてくれるため、初めてエステを経営する方も始めやすいシステムが構築されているので安心です。

広告費用などを抑えることが可能

基本的に全国・地域の宣伝広告を本部が対応してくれるので、余計な広告費用を抑えつつ集客できる点は魅力のひとつでしょう。さらに顧客売上管理システムやホームページを共有できるため、開業にあたって新たに作成する必要もありません。美容機器も客層や地域、規模に合わせて最適なものを選定してくれるので、無駄な美容機器を導入する必要もありません。本当に必要な初期費用だけ用意すれば、エステ運営を開始できます。

DIDIAの初期費用目安

開業費用 物件によって変動するので要相談
諸経費とその内訳 550,000円~(部屋数10部屋の場合)
【内訳】
・システム利用料 50,000円
・ライセンス料 350,000円
・店舗広告掲載費150,000円
・その他
ロイヤリティ 記載なし

VICTORIA

VICTORIAの強み

初心者でも始めやすい運営スタイル

初めて事業を運営する方にとっては、何から何まで初めて尽くしなので分からないことが多く、不安に思うことばかりでしょう。VICTORIAなら100店舗以上の出店経験があり、店舗の設計から運営、集客に至るまで豊富なノウハウを持っています。さらに接客のプロフェッショナルから接客マナーなどの研修を行っているため、初めての方でも安心して開業できるでしょう。

初期費用を抑えたスタートを実現

開業するにあたって、予算は人によってバラバラです。しかし一般的には、少しでも初期費用を抑えたいと思うケースがほとんど。運営がスムーズにいくかどうかも分からないため、初期費用をしっかり押さえて、必要に応じて設備などを増やしていく方法が無難です。VICTORIAならマシン3台から開業することができるため、初期費用を抑えてセルフエステ店をスタートさせることができます。そのため比較的、気軽に開業できるでしょう。

VICTORIAの初期費用目安

開業費用 231万円~
諸経費とその内訳 236万円~
【内訳】
・加盟金:220万円
・初回仕入れ:11万円
・マシンレンタル代:5万円/台
ロイヤリティ 月売上の10%

BODY ARCHI PARTNERS

BODY ARCHI PARTNERSの強み

フルサポート体制で運営をフォロー

開業することに不安を抱かない人はいません。BODY ARCHI PARTNERSでは確立された運営ノウハウを培っており、そのノウハウを活かし店舗探し・スタッフの採用・研修・集客プロモーションまで幅広くサポートしてくれます。そのため安定的な運営ができるように、しっかりとしたフォロー体制があるので、開業への不安を払拭してくれるでしょう。

様々な集客方法を実施

安定した運営を行うためには、集客をいかに行うかが重要になってきます。個人レベルで集客するとしても、なかなか上手くいかないことも多いでしょう。BODY ARCHI PARTNERSでは各種WEB広告やテレビ、雑誌、YouTubeなど様々なメディアを活用した集客戦略を実施。高い認知度で新規店舗へのバックアップを行ってくれるでしょう。

BODY ARCHI PARTNERSの初期費用目安

開業費用 記載なし
諸経費とその内訳 記載なし
ロイヤリティ 記載なし

フォーカスネオ

フォーカスネオの強み

マシントラブルなどにも即日対応

セルフエステ店を安定的に運営するためには、導入しているマシンが円滑に稼働させることが大切になってきます。もしマシンにトラブルをきたし、修理や交換に時間がかかれば、その分の売り上げが減ってしまうでしょう。フォーカスネオならマシンのトラブルなども迅速に対応することができ、最短で即日に駆けつけてくれます。そのため安定的な運営が行いやすくなるでしょう。

他店と差別化できる集客コストのいいマシンを採用

セルフエステ店数は主要都市で増え続けており、他店との差別化を図り、集客をアップすることは重要になっています。フォーカスネオであれば他店との差別化を図るためのサポートを提案しており、自分でメンテナンスができるマシンなどを提供。費用面やオプションなどで、他店との競争にも優位に働くでしょう。

フォーカスネオの初期費用目安

開業費用 136万4,000円 〜 531万5,000円(最低自己資金の目安98万円)
諸経費とその内訳 129万8,000円
【内訳】
・マシン代:118万円
・スタート商材:1万1千円
ロイヤリティ 広告費として月33,000円
店舗の規模と経営スタイルから選ぶ
おすすめのセルフエステFCを紹介

フランチャイズを始めるとはいっても、「実際に接客するつもりはない」「自分のお店としてワンマン経営したい」「自宅開業したい」等、自身の経営スタイルをお持ちの方も多い事でしょう。

そこで、「新しいマシンを導入できる」「自分の目的に合った経営ができる」「立地を加味した開業ができる」という条件を満たしたセルフエステのフランチャイズを厳選。店舗の規模と経営スタイル別にセルフエステFCをご紹介します。

有名な商業施設で投資感覚で
手放し経営できる

MYTHEL(ミセル)

MYTHEL(ミセル)

引用元:MYTHEL(ミセル)
https://mythel.jp/fcpage/

ここがポイント
  • スタッフの教育や広告・集客等は本部が対応するため、手放し経営できる
  • 母体が美容機器メーカーで、痩身・脱毛等、様々なマシンを導入可能。新機種への入替や無料修理にも最短即日で対応(※)
  • 大型商業施設や百貨店等、集客が見込める好立地な物件を厳選して提案
ロイヤリティ
5%

公式HPを見る

FC本部に電話で
問い合わせ

有名店のブランド力
憧れの自分の店を持てる

BODY ARCHI
(ボディアーキ)

BODY ARCHI(ボディアーキ)

引用元:BODY ARCHI(ボディアーキ)
https://www.nexyzgroup.jp/press/2018/1121160000.html

ここがポイント
  • 全国30店舗以上展開する(2021年4月時点)、湘南美容外科グループの大手フランチャイズチェーン
  • 1台4役の多機能マシン「フォースカッターBODY ARCHIオリジナルモデル」を全個室に導入
  • テナント物件の選定からスタッフ採用、研修制度、集客に至るまで出店をサポート
ロイヤリティ
要問合せ

公式HPを見る

マンションの⼀室小規模物件
副業として始められる

VICTORIA

VICTORIA

引用元:VICTORIA
https://victoria-selfeste.com/lp/franchise

ここがポイント
  • 1台5役の高性能&多機能マシンをはじめとする美容機器を導入可能
  • スタッフ1名、マシン3台から開業でき、1人で運営可能。自宅やシェアサロンでの開業も可
  • 全国どこでも開業可能(※2)。小規模店舗での開業が可能で、副業や既存店の追加サービスにも◎
ロイヤリティ
10%

公式HPを見る

FC本部に電話で
問い合わせ

※2021年4月現在の情報。公式HP、フランチャイザー向けのカタログの情報をもとに掲載しています。
※有名な商業施設で、投資感覚で⼿放し経営するなら「MYTHEL」:14のセルフエステフランチャイズの中で、商業施設等の好立地での出店を公表している唯一のセルフエステブランド。
※有名店のブランド力で、憧れの⾃分の店を持ちたいなら「BODY ARCHI」:フランチャイズ募集をしているセルフエステの中で、全国に31店舗展開している大手ブランド。
※マンションの⼀室や小規模物件で副業として始めたいなら 「VICTORIA」:痩身エステのあるセルフエステフランチャイズの中で、開業資金が210万円~(物件取得費+マシンレンタル料は別途)と一番安い。スタッフ1人、マシン3台で始められるブランド。
※1 新しいマシンへの入替や無料で最短即日修理などのサービスを受ける際は、FC本部と保守契約を結ぶ必要がある。