安定収入を目指すなら! セルフエステのフランチャイズ開業ナビ » 市場規模拡大中!セルフエステFC開業虎の巻 » 開業費用

開業費用

セルフエステの開業費用の目安は500~1,000万円ほどといわれています。契約するフランチャイズ本部や店舗規模などによって異なりますが、ひとつの目安として参考にすると良いでしょう。

ここでは、セルフエステ開業にかかる初期費用の内訳について紹介します。

セルフエステ開業にかかる費用

加盟金

初期費用のなかで大きな割合を占めているのが加盟金。フランチャイズ本部によって加盟金の有無や支払い方法などは異なるものの、300万円ほどが目安でしょう。

フランチャイズ開業では本部の名前を掲げ、本部のノウハウを活用して商売をおこないます。その対価として、フランチャイズ登録料や著作権使用料などを含んだ加盟金を支払う必要があるのです。

保証金

フランチャイズ本部に支払う保証金には、ロイヤリティなどの未払いを担保する役割があります。また、保証金を設けていない本部もあれば150万円ほどの金額を設定している本部もあります。

なお、違約金や債務不履行などの問題がなければ、保証金は契約解消時に返還されることがほとんどです。

研修費

研修費はサロンに勤務するスタッフの教育をおこなうための費用です。セルフエステサロンではスタッフの技術力や物販力などを必要としませんから、研修費は30万円~50万円ほどと比較的低額ですむことが多いようです。

賃貸保証金

賃貸物件の賃主に支払うお金です。敷金と似た役割をもっており、物件退去時の原状回復や家賃未払い分にあてられます。

内装費

サロンの内装工事をおこなうための費用です。本部のイメージに合わせるため、たとえ居抜き物件であっても内装費が必要です。フランチャイズ本部によって内装デザインは異なるため、内装費や外装費の詳細については本部に確認しましょう。

設備機器費

セルフエステサロンで利用客が使用するマシンのほか、運営上必要となる備品一式やシステムを導入するための費用です。フランチャイズ本部によって導入するマシンの種類や台数、備品などは異なるため、本部によって費用が大きく異なることもあります。

消耗品費

サロンで使用するジェルやクリーム、キッチンタオルなどの消耗品を購入するための費用です。セルフエステサロンでは消耗品費が安く、利益を圧迫しにくいのが特徴です。

宣伝広告費

チラシの配布やWEB広告の掲載などにかかる費用です。セルフエステ開業を成功させるためには集客が重要なポイントですから、宣伝広告はしっかりとおこないましょう。なお、フランチャイズ本部によっては宣伝広告をサポートしてくれる場合もあります。

物件取得費

たとえば賃貸物件であれば敷金や礼金、保証金、仲介手数料などを支払う必要があります。金額は取得する物件によって異なりますが、物件選びの際はある程度の予算を決めておくと良いでしょう。

諸経費

開業準備金として、セルフエステサロンで必要となるテーブルや椅子などの備品一式代、光熱費といった諸経費も必要です。なお、セルフエステサロンによって用意する備品の種類や数は異なります。

資金調達の手段

セルフエステをオープンさせるためには500~1,000万円ほどの開業費用が必要といわれています。費用がすでに用意できていれば良いのですが、その余裕がない場合もあるでしょう。

開業のための資金を調達するには、銀行よりも国の金融機関から借りると良いでしょう。というのも、銀行では数年にわたる経営実績がなければ融資をしてくれません。これからセルフエステサロンを初めてオープンさせるぞ!という方には銀行での資金調達は向いていないのです。

そのため、日本政策金融公庫(旧:国民金融公庫)などの国の金融機関で融資を受ける方がおすすめです。たとえば日本政策金融公庫では創業計画書を提出して融資のための審査を受けますが、事業計画さえしっかりしていれば経営実績は問われません。

また、そのほかにも助成金や補助金を利用できるケースもありますので、開業前にチェックしてみることをおすすめします。

まとめ

セルフエステの開業では加盟金や物件取得費、開業準備金などの開業費用がかかります。資金は国の金融機関などでも調達できるため、無理のない範囲で開業資金を準備しましょう。

なお、開業費用の総額や内訳は、契約するフランチャイズ本部や取得する物件によっても異なります。初期費用がどのくらいかかるのかを事前にしっかりと確認し、想定外の出費に慌てることがないようにしておきましょう。

店舗の規模と経営スタイルから選ぶ
おすすめのセルフエステFCを紹介

フランチャイズを始めるとはいっても、「実際に接客するつもりはない」「自分のお店としてワンマン経営したい」「自宅開業したい」等、自身の経営スタイルをお持ちの方も多い事でしょう。

そこで、「新しいマシンを導入できる」「自分の目的に合った経営ができる」「立地を加味した開業ができる」という条件を満たしたセルフエステのフランチャイズを厳選。店舗の規模と経営スタイル別にセルフエステFCをご紹介します。

有名な商業施設で投資感覚で
手放し経営できる

MYTHEL(ミセル)

MYTHEL(ミセル)

引用元:MYTHEL(ミセル)
https://mythel.jp/fcpage/

ここがポイント
  • スタッフの教育や広告・集客等は本部が対応するため、手放し経営できる
  • 母体が美容機器メーカーで、痩身・脱毛等、様々なマシンを導入可能。新機種への入替や無料修理にも最短即日で対応(※)
  • 大型商業施設や百貨店等、集客が見込める好立地な物件を厳選して提案
ロイヤリティ
5%

公式HPを見る

FC本部に電話で
問い合わせ

有名店のブランド力
憧れの自分の店を持てる

BODY ARCHI
(ボディアーキ)

BODY ARCHI(ボディアーキ)

引用元:BODY ARCHI(ボディアーキ)
https://www.nexyzgroup.jp/press/2018/1121160000.html

ここがポイント
  • 全国30店舗以上展開する(2021年4月時点)、湘南美容外科グループの大手フランチャイズチェーン
  • 1台4役の多機能マシン「フォースカッターBODY ARCHIオリジナルモデル」を全個室に導入
  • テナント物件の選定からスタッフ採用、研修制度、集客に至るまで出店をサポート
ロイヤリティ
要問合せ

公式HPを見る

マンションの⼀室小規模物件
副業として始められる

VICTORIA

VICTORIA

引用元:VICTORIA
https://victoria-selfeste.com/lp/franchise

ここがポイント
  • 1台5役の高性能&多機能マシンをはじめとする美容機器を導入可能
  • スタッフ1名、マシン3台から開業でき、1人で運営可能。自宅やシェアサロンでの開業も可
  • 全国どこでも開業可能(※2)。小規模店舗での開業が可能で、副業や既存店の追加サービスにも◎
ロイヤリティ
10%

公式HPを見る

FC本部に電話で
問い合わせ

※2021年4月現在の情報。公式HP、フランチャイザー向けのカタログの情報をもとに掲載しています。
※有名な商業施設で、投資感覚で⼿放し経営するなら「MYTHEL」:14のセルフエステフランチャイズの中で、商業施設等の好立地での出店を公表している唯一のセルフエステブランド。
※有名店のブランド力で、憧れの⾃分の店を持ちたいなら「BODY ARCHI」:フランチャイズ募集をしているセルフエステの中で、全国に31店舗展開している大手ブランド。
※マンションの⼀室や小規模物件で副業として始めたいなら 「VICTORIA」:痩身エステのあるセルフエステフランチャイズの中で、開業資金が210万円~(物件取得費+マシンレンタル料は別途)と一番安い。スタッフ1人、マシン3台で始められるブランド。
※1 新しいマシンへの入替や無料で最短即日修理などのサービスを受ける際は、FC本部と保守契約を結ぶ必要がある。