安定収入を目指すなら! セルフエステのフランチャイズ開業ナビ » エステ開業VSセルフエステ開業儲かるのはどちら? » 独立支援・開業支援

独立支援・開業支援

エステサロンやセルフエステサロンを開業するときに受けられる支援には、どんなものがあるのでしょうか?また、受けられる支援に違いはあるのでしょうか?ここでは、エステサロンとセルフエステサロンの開業支援について紹介します。

受けられる開業支援

エステ

  • 開業向けエステスクール

公的融資制度

  • 日本政策金融公庫
    (略称:日本公庫。一般の金融機関がおこなう金融を補完する目的で融資を実施)
  • 地方自治体の融資制度
    (自治体ごとに融資制度を設けており、たとえば東京都の場合は創業融資制度。)

助成金

  • キャリアアップ助成金
    (厚生労働省が設ける助成金制度。非正規雇用者などの処遇改善につながる取り組みが対象)
  • 人材開発支援助成金
    (労働者の職業訓練の経費や訓練中の賃金を助成する制度)
  • 地域雇用開発助成金
    (雇用機会の少ない地域において、雇用にかかる費用を助成する制度)
  • 両立支援等助成金
    (従業員が仕事と育児や介護を両立できるような制度を導入するための費用等を助成)
  •  自治体独自の助成金
    (自治体が独自に設けるさまざまな助成金制度。詳しくは各自治体の公式サイト等で確認を)
  • トライアル雇用助成金
    (安定した雇用が難しい求職者をハローワーク等の紹介で一定期間雇用した場合に助成する制度)
  • 短時間正社員制度導入促進等助成金
    (期間内に短時間正社員制度を利用した労働者が生じた場合に助成金を支給する制度)
  • 創業促進補助金
    (地域での起業や創業に対して助成金を支給する制度)

セルフエステ

公的融資制度

  • 日本政策金融公庫
  • 地方自治体の融資制度

助成金

  • 中小企業等事業再構築促進事業
    (事業再構築に挑戦する中小企業等に補助金を支給する制度)
  • キャリアアップ助成金
  • 人材開発支援助成金
  • 地域雇用開発助成金
  • 両立支援等助成金
  • 自治体独自の助成金
  • トライアル雇用助成金
  • 短時間正社員制度導入促進等助成金
  • 創業促進補助金

結論:利用できる開業支援はほとんど変わらない

エステサロン・セルフエステサロンどちらの開業においても、利用できる開業支援はほとんど変わりません。国や地方自治体が融資してくれる公的融資制度やさまざまな補助金・助成金が用意されていますので、しっかり活用しましょう。

なお、エステサロン・セルフエステサロン開業で異なるのが、セルフエステでは開業向けエステスクールに通う必要がないという点。スクールに通うのではなくFC本部のサポートを受けられるため、ノウハウに基づいたより実践的な知見を得られるでしょう。

また、資格や技術力を必要としないセルフエステの開業は、異業種からの挑戦にもおすすめできます。その場合「中小企業等事業再構築促進事業の補助金」も活用できるでしょう。

店舗の規模と経営スタイルから選ぶ
おすすめのセルフエステFCを紹介

フランチャイズを始めるとはいっても、「実際に接客するつもりはない」「自分のお店としてワンマン経営したい」「自宅開業したい」等、自身の経営スタイルをお持ちの方も多い事でしょう。

そこで、「新しいマシンを導入できる」「自分の目的に合った経営ができる」「立地を加味した開業ができる」という条件を満たしたセルフエステのフランチャイズを厳選。店舗の規模と経営スタイル別にセルフエステFCをご紹介します。

有名な商業施設で投資感覚で
手放し経営できる

MYTHEL(ミセル)

MYTHEL(ミセル)

引用元:MYTHEL(ミセル)
https://mythel.jp/fcpage/

ここがポイント
  • スタッフの教育や広告・集客等は本部が対応するため、手放し経営できる
  • 母体が美容機器メーカーで、痩身・脱毛等、様々なマシンを導入可能。新機種への入替や無料修理にも最短即日で対応(※)
  • 大型商業施設や百貨店等、集客が見込める好立地な物件を厳選して提案
ロイヤリティ
5%

公式HPを見る

FC本部に電話で
問い合わせ

有名店のブランド力
憧れの自分の店を持てる

BODY ARCHI
(ボディアーキ)

BODY ARCHI(ボディアーキ)

引用元:BODY ARCHI(ボディアーキ)
https://www.nexyzgroup.jp/press/2018/1121160000.html

ここがポイント
  • 全国30店舗以上展開する(2021年4月時点)、湘南美容外科グループの大手フランチャイズチェーン
  • 1台4役の多機能マシン「フォースカッターBODY ARCHIオリジナルモデル」を全個室に導入
  • テナント物件の選定からスタッフ採用、研修制度、集客に至るまで出店をサポート
ロイヤリティ
要問合せ

公式HPを見る

マンションの⼀室小規模物件
副業として始められる

VICTORIA

VICTORIA

引用元:VICTORIA
https://victoria-selfeste.com/lp/franchise

ここがポイント
  • 1台5役の高性能&多機能マシンをはじめとする美容機器を導入可能
  • スタッフ1名、マシン3台から開業でき、1人で運営可能。自宅やシェアサロンでの開業も可
  • 全国どこでも開業可能(※2)。小規模店舗での開業が可能で、副業や既存店の追加サービスにも◎
ロイヤリティ
10%

公式HPを見る

FC本部に電話で
問い合わせ

※2021年4月現在の情報。公式HP、フランチャイザー向けのカタログの情報をもとに掲載しています。
※有名な商業施設で、投資感覚で⼿放し経営するなら「MYTHEL」:14のセルフエステフランチャイズの中で、商業施設等の好立地での出店を公表している唯一のセルフエステブランド。
※有名店のブランド力で、憧れの⾃分の店を持ちたいなら「BODY ARCHI」:フランチャイズ募集をしているセルフエステの中で、全国に31店舗展開している大手ブランド。
※マンションの⼀室や小規模物件で副業として始めたいなら 「VICTORIA」:痩身エステのあるセルフエステフランチャイズの中で、開業資金が210万円~(物件取得費+マシンレンタル料は別途)と一番安い。スタッフ1人、マシン3台で始められるブランド。
※1 新しいマシンへの入替や無料で最短即日修理などのサービスを受ける際は、FC本部と保守契約を結ぶ必要がある。